リソースライブラリ

キーワード
GO
カテゴリー












産業分野














6 件
Filter by:
Product
Altair
Partner
Slide for More Clear All Apply
Solution

Product Type

  • All
  • Analysis and Optimization
  • Cloud and HPC
  • Enterprise & Analytics
  • Industrial Design
  • Modeling and Visualization
  • Product Design and Dev't

Discipline

  • 1d Systems
  • Additive Manufacturing
  • Advanced Mathematics & Analyics
  • Casting
  • CFD
  • Complexity
  • Composites
  • Concept Design
  • Crash & Safety
  • Design
  • Durability
  • Electromagnetic
  • Enterprise Solutions
  • Ergonomics
  • HPC
  • Hydraulics & Pneumatics
  • Industrial Design
  • Injection Molding
  • Internet of Things
  • Lightweighting
  • Manufacturing
  • Materials Library
  • Modeling and Simulation
  • Multi-Body Dynamics
  • Multiphysics
  • NVH
  • Optimization
  • Product Design
  • Project Management
  • Rendering
  • Staffing Solutions
  • Stress
  • Thermal
  • Vehicle Dynamics
Clear All Apply
Language
  • Chinese
  • English
  • French
  • German
  • Italian
  • Japanese
  • Korean
最適化例題

Altair Japanが提供する、ユーザー向けのテクニック資料集です。PDFをダウンロードしてご覧いただけます。ダウンロードにはクライアントセンターからクライアントとしてログインする必要があります。

モデル作成例

Altair Japanが提供する、ユーザー向けのモデル作成例です。PDFをダウンロードしてご覧いただけます。ダウンロードにはクライアントセンターからクライアントとしてログインする必要があります。

AcuSolveテクニック集

Altair Japanが提供する、ユーザー向けのAcuSolveテクニック集です。PDFやZIPファイルをダウンロードしてご覧いただけます。ダウンロードにはクライアントセンターからクライアントとしてログインする必要があります。

  • Thermal Shell機能(PDFをダウンロード) Thermal Shell機能の使用方法について、例題を交えてご紹介します。Thermal Shell機能は、円管のようなシェル構造を扱う際に非常に有用なツールです。構造物を実際にモデル化することなく、流体領域から面要素(Thermal Shell)を作成し、その要素に対して層数、各層の厚さ、物性値を設定します。Thermal Shell内は、1次元熱伝導を解きます。
  • Thermal Shell機能の例題(ZIPをダウンロード)
  • 境界層縮小機能(PDFをダウンロード) HyperMeshのCFD tetrameshパネル内にある境界層縮小機能(BL reduction)をご紹介します。境界層を含むソリッド要素を作成時、設定した境界層の厚さが、モデル内の狭小領域よりも大きい場合、メッシュの捩れや干渉を防ぐために、境界層の厚さを調整する機能です。
【最適化例題】OptiStructで特定の固有周波数を取り除く例題

ある部品の固有振動数を検討するとき、その部品の近傍にモーターなど、特定の周波数で動作する振動源があれば、振動源の周波数付近に固有振動数を持たないように設計したい、ということが考えられます。<br> OptiStruct の基本的な使用方法で行うのであれば、1次固有振動数を、振動源の振動数よりも大きくするという方法が、考え付きます。OptiStruct の使用方法としては最も簡単な方法ですが、部品の剛性を上げることになり、コストの増加を招くかもしれません。そのため、この方法を選択したくない場合もあるでしょう。 そこで、本書では、OptiStruct を用い、振動源の周波数付近のみに、固有周波数を持たない解を求める例題を示します。

スーパーエレメントのトポロジー最適化への適用

スーパーエレメントのトポロジー最適化への適用により、計算時間を削減する例題です。

RSS icon Subscribe to RSS Feed