リソースライブラリ

キーワード
GO
カテゴリー











産業分野














67 件
Filter by:
Product
Altair
Partner
Slide for More Clear All Apply
Solution

Product Type

  • All
  • Analysis and Optimization
  • Cloud and HPC
  • Enterprise & Analytics
  • Industrial Design
  • Modeling and Visualization
  • Product Design and Dev't

Discipline

  • 1d Systems
  • Additive Manufacturing
  • Advanced Mathematics & Analyics
  • Casting
  • CFD
  • Complexity
  • Composites
  • Concept Design
  • Crash & Safety
  • Design
  • Durability
  • Electromagnetic
  • Enterprise Solutions
  • Ergonomics
  • HPC
  • Hydraulics & Pneumatics
  • Industrial Design
  • Injection Molding
  • Internet of Things
  • Lightweighting
  • Manufacturing
  • Materials Library
  • Modeling and Simulation
  • Multi-Body Dynamics
  • Multiphysics
  • NVH
  • Optimization
  • Product Design
  • Project Management
  • Rendering
  • Staffing Solutions
  • Stress
  • Thermal
  • Vehicle Dynamics
Clear All Apply
Language
  • Chinese
  • English
  • French
  • German
  • Italian
  • Japanese
  • Korean
Concept to Reality Japan SUMMER/FALL 2012

米国本社Altair Engineering, Inc.が発行する技術情報誌「Concept to Reality」の翻訳記事に、日本独自の技術、製品、イベント情報を追加したものです。

  • PDFをダウンロード(印刷用:59MB)
  • PDFをダウンロード(Web版:6.3MB) <ul><li><b>文化財を護る梱包の技</b><br> シミュレーションツールによって、博物館の貴重な文化財を搬送する際の負荷を低減</li> <li><b>CFD で進化する競技用自転車のパフォーマンス</b><br> 高度に自動化された数値流体力学(CFD)ワークフローにより、流動挙動の把握とホイールの空力特性改善が可能に</li> <li><b>クラウドで革新する</b><br> CAE クラウドコンピューティングにより革新を加速、ボトムラインのIT コスト削減へ</li> <li><b>シミュレーション: レースでのスピードと安全の両立をめざして</b><br> シャーシメーカーではシミュレーションと最適化を軸に、サーキットで最速かつ最高の安全性を備えたレーシングカーを開発</li> <li><b>PLMソフトウェアへの投資を適正化する</b><br> インドのオートバイメーカーでは、ビジネス分析を駆使してソフトウェア利用状況と調達判断を最適化</li></ul>
【Altair情報誌】Concept to Reality Japan Fall 2013/Winter 2014- 日本語版

米国本社Altair Engineering, Inc.が発行する技術情報誌「Concept to Reality」の翻訳記事に、日本独自の技術、製品、イベント情報を追加したものです。<br> バックナンバーについては<a href="ResLibSearchResult.aspx?keywords=c2rj">こちら</a>をご覧ください。 <br><br> <ul><li>テクノロジーがデザインをインスパイアする <li>エンジニアリングの直観では不十分な場合 <li>新素材と解析によるイノベーション <li>シミュレーションツール:デザインの未来を牽引する <li>BASFが軽量化により自動車産業を啓発</li></ul> 2014年発行

【Altair情報誌】Concept to Reality Japan Winter/Spring 2015- 日本語版

米国本社Altair Engineering, Inc.が発行する技術情報誌「Concept to Reality」の翻訳記事に、日本独自の技術、製品、イベント情報を追加したものです。<br> バックナンバーについては<a href="ResLibSearchResult.aspx?keywords=Concept%20to%20Reality%20Japan">こちら</a>をご覧ください。 <br><br> <ul><li>トポロジー最適化と3D プリンティングの組み合わせが設計のイノベーションを加速 <li>業務用電動工具の開発を支えるシミュレーションテクノロジー <li>NASA が複合材機体の被雷時の損傷を検出するワイヤレスセンサーを開発 <li>JSF のパイロットの体温上昇を抑える冷却ユニット <li>最適化テクノロジー: 確かな技術を活用し、より優れた製品を開発する</li></ul> 2015年発行

[AOP] 慶応義塾大学 - 延性破壊条件を求めるための簡易試験片形状の検討

延性破壊条件を求めるための簡易試験片形状の検討 - 慶応義塾大学 / 田原孝浩、大宮正毅 [2017.3]

[AOP]信州大学 - 構造色の有限要素解析 ~ルリビタキの羽毛繊維の構造色と光吸収の影響~

ルリビタキはスズメ目の小鳥であり、雄の羽は幼体からおよそ2年かけて色が変化し、成体になると美しい青い羽となる。このような羽衣熟成遅延と呼ばれるルリビタキの羽の繊維は、ケラチンをベースとした繊維の中に、無数の微細な空気孔と比較的大きい空気孔で構成される構造となっており、いわゆる構造色であると考えられている。 - 信州大学工学部 藤井 雅留太 [2015.11]

[AOP] 金沢工業大学 - Influence of Frame Stiffness on Handling Stability in Solar Vehicle

Influence of Frame Stiffness on Handling Stability in Solar Vehicle - 金沢工業大学 / Shota Uchiyama, Masahiro Seto, Masashi Yamabe (Department of Mechanical Engineering, Kanazawa Institute of Technology) / Hiroaki Hoshino (Altair Engineering Ltd.) [2016.11]

[AOP] 横浜国立大学 - Far-Field Estimation Method by Simple Near-Field Measurement for Electrically Long Array Antenna

Far-Field Estimation Method by Simple Near-Field Measurement for Electrically Long Array Antenna - 横浜国立大学 / Yoshiki Sugimoto, Student Member, IEEE, Hiroyuki Arai, Fellow, IEEE, Toshiyuki Maruyama, Masahiko Nasuno, Masanobu Hirose, and Satoru Kurokawa [2016.11]

[AOP] 横浜国立大学 - Adjacent Point Thinning Sampling for Cylindrical Far-Field Estimation Method

Adjacent Point Thinning Sampling for Cylindrical Far-Field Estimation Method - 横浜国立大学 / Yoshiki Sugimoto, Hiroyuki Arai [2016.11]

[AOP] 京都工芸繊維大学 - 血液循環系における血管壁と血液との相互作用に関する研究

血液循環系における血管壁と血液との相互作用に関する研究 - 京都工芸繊維大学 / 川口美沙、福井智宏、森西晃嗣 [2016.10]

[AOP] 群馬大学 - 自動車用の斜面を有する吸音二重壁構造の減衰応答のFEM・MSKE 解析

自動車用の斜面を有する吸音二重壁構造の減衰応答の FEM・MSKE 解析 - 長谷部将人、佐藤雄平(群馬大学院)/ 山口誉夫、丸山真一(群馬大学)/ 黒沢良夫(帝京大学) [2016.12]

[AOP] 広島大学 - トポロジー最適化と金属3Dプリンタを用いたポーラス材料の開発

トポロジー最適化と金属3Dプリンタを用いたポーラス材料の開発 - 広島大学 大学院工学研究院 機械システム・応用力学部門 竹澤晃弘 [2016.12]

[AOP] 信州大学 - 構造色の有限要素解析 ~ルリビタキの羽毛繊維の構造色と入射角度依存性~

構造色の有限要素解析 ~ルリビタキの羽毛繊維の構造色と入射角度依存性~ - 藤井 雅留太,信州大学 工学部 環境機能工学科 [2016.12]

[AOP] 大阪府立大学 - 倒立振子型車両と操縦者の3次元連成モデルを用いた旋回運動解析

倒立振子型車両と操縦者の3次元連成モデルを用いた旋回運動解析 - 大阪府立大学 / 岡本 晃和、中川 智皓、新谷 篤彦、伊藤 智博 [2016.12]

[AOP] 福岡大学 - Development and Optimal Design of a Telescopic Boom Lift for Nursing Care Using a Multibody Dynamics Approach

Development and Optimal Design of a Telescopic Boom Lift for Nursing Care Using a Multibody Dynamics Approach - 福岡大学 / Yoshiko Yamaguchi, Makoto Iwamura, Hiroyuki Fujishima, Ittou Tanaka [2016.11]

[AOP] 福岡大学 - マルチボディダイナミクスによるテレスコピックブーム型介護リフトの開発と最適設計

マルチボディダイナミクスによるテレスコピックブーム型介護リフトの開発と最適設計 - 福岡大学 / 田中 一等、山口 喜子、藤嶋 寛幸、岩村 誠人 [2016.11]

[AOP] 名古屋工業大学 - 三角孔押付による皮膚表層から䛾弾性率分布推定䛾改良に関する研究

三角孔押付による皮膚表層から䛾弾性率分布推定䛾改良に関する研究 - 名古屋工業大学 / 川上 大貴、山口 和宏、杉田 修啓、松本 健郎 [2016.11]

[AOP]岐阜大学 - こもり音予測のための1DCAE用ビームモデル

こもり音予測のための1DCAE用ビームモデル/Beam model to predict interior booming noise in concept design stage - 岐阜大学/Gifu University [2015.05]

Politecnico di Milano University(英語事例)

The Politecnico di Milano University used Inspire to quickly and easily find the ideal shapes and materials for three architectural design concepts.

2015 JATC / PBS WORKS USER GROUP in Japan

クラウドコンピューティング技術の進歩により、製品エンジニアリング分野においても、より品質の高い製品やソリューションを素早く市場に投入するための手段として、クラウドの利用を検討する機会が急速に拡大しています。 2015 Japan Altairテクノロジーカンファレンスにおいて開催された、国内外の主要ユーザー様の先進事例や米国Altair 本社の開発責任者からの製品ロードマップなど、クラウドの可能性を最大限に活用するためのAltair クラウドソリューションをご紹介するセミナーの講演資料です。

Inspire 最新版紹介ウェビナー - solidThinking 2016

Inspireは構造設計者向けのコンセプト設計ソフトウェアです。形状作成と編集、荷重条件、結果の確認等の新機能についてデモを交えながら紹介しています。<br>*2016年3月15日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016」で使用した資料およびその録画です。

Evolve 最新版紹介ウェビナー - solidThinking 2016

Evolve 2016では、ポリゴンとNURBSの両方の機能を有するPolyNURBSが強化され、簡単な操作で複雑な形状をサーフェス化することができるようになりました。<br>*2016年3月18日に開催されたウェビナー「Altair製品 最新版 ウェブ発表会 2016」で使用した資料およびその録画です。

3Dプリンターの能力を最大限に引き出すAltair のトポロジー最適化テクノロジー

1980年代後半にその手法が提案され、1993年に構造解析プログラムであるHyperWorks OptiStruct に導入されたトポロジー最適化は、工学的に有意な生物学的構造を作り出すことが可能な手法であり、このテクノロジーを適用することにより、従来設計手法の難点を克服し、3D プリンターの特性を活かすことのできるコンセプトデザインを創出することが可能となった。<br>-「機械設計 5月号」第60巻 第7号掲載

真のフロントローディングを実現するCAEツール solidThinking Inspire

機械設計4月号(2017年)、第2部 最新!設計者のためのCAE活用ガイドに掲載された『真のフロントローディングを実現するCAEツール』に関する記事です

3D積層造形する人工衛星の遠隔操作用アンテナ支柱の形状最適化【日本語字幕】

世界No.1の独立系の宇宙関連部品サプライヤーRUAG Space社が、3D積層造形する地球観測衛星SENTINEL 1B用部品の設計にHyperWorksを使う理由とは?

【Inspire 2017.1ウェビナー】モーション×最適化で構造をスリムに

Inspireは初期設計を行うために必要な3D ダイレクトモデリングに加え、材料の削減や軽量化に有効なトポロジー最適化機能、基礎的構造シミュレーション機能を搭載した設計エンジニアのためのソフトウェアです。 複雑な動きする機構部品の軽量化ができるInspireモーション機能をご紹介いたします。なお、板金部品の設計者向けの板厚最適化や、その他の新機能もご紹介いたします。

  •  
Inspire 2016のグリッパーブラケットのモデル

Inspire 2016のロボットグリッパーブラケットのモデルです。

Inspire 2016のホイールのモデル

Inspire 2016のホイール最適化のモデルです。

Evolveのヘルメットのモデル

EvolveのポリゴンモデリングとNurbifyツールを使用して作成した、Evolve 2015の自転車用ヘルメットのモデルです。

Evolveのマグのポリメッシュモデル

Evolve 2015のコーヒーマグのモデルです。EvolveのポリメッシュおよびNurbifyツールを使用してモデリングしました。

Evenflo Juvenile Products社(英語事例)

Evenflo社は、短期間で機能を向上させることが求められる“サステイニングエンジニアリング”において、Inspireを有効活用できることを見出しました。

Race Face社

Race Face社は、Inspireを活用して、現行部品と同じ重量に抑えながら、剛性と強度の性能目標を高めた自転車クランクを設計・製造しました。

Empire社 / Renishaw社

Renishaw社とEmpire Cycles社は、世界初の3Dプリンティングによる金属製自転車フレームのシートポストの設計に、solidThinking Inspireのコンセプトデザイン生成機能を活用しました。

【日本語事例】自転車用品を設計・製造するRaceFace社

高性能の自転車用品を設計・製造するRACE FACE社は、製品設計プロセスを大幅にスピードアップできただけでなく、以前のバージョンよりも強度の高い、ユニークな設計の製品を生み出すことに成功しました。

Studio-X(英語事例)

Studio-X utilized Inspire's structural generation to ensure Structural Stability and Design for an award winning pavilion system.

Shanghai Arts and Crafts Factory(英語)

The Shanghai Arts and Crafts Factory utilized a process incorporating solidThinking Evolve to generate ideal designs and renderings for parade floats.

Dimensions Furniture社(英語事例)

Dimensions Furniture社は、Evolveを使って家具製品の設計を行っているほか、バイヤー向けの営業資料や製造チームの参考資料用にレンダリングイメージを生成しています。

Inspireトレーニング【ブレーキペダルの作成/解析/評価】

Inspireでモデル作成~条件設定~解析~評価を行います

Inspireトレーニング【アップライトの解析/評価】

Inspireでアップライトの解析/評価を行ないます。

HyperWorks 13.0【コンセプト設計の決定版Inspire 2014】

コンセプト設計に最適なInspireに、新バージョン2014では解析機能が搭載され、デザインプロセスにおいて手付かずだった解析の領域を扱えるようになりました。

LEIBER Group社(英語事例)

LEIBER社は、Inspireを利用して車両のサスペンションビームの設計・最適化を行った結果、50%以上もの質量の削減に成功しました。

新進デザイナーのための3Dソフトウェア solidThinking Evolve

に統合し、デザイナーがデザインそのものに集中してアイデアを自由に広げ表現することができるデザインツール

設計エンジニアのためのコンセプト設計ツール solidThinking Inspire

Inspireは、設計エンジニアや建築家が理想とする効率の良い設計コンセプトを提案します。業界最先端の最適化エンジンを使用し、構造的にも重量的にも優れた設計コンセプトを創造します。

商用車/エンジンメーカー Scania社

試作機を使った従来型の実機試験から仮想試験に移行したところ、設計とエンジニアリングの部署間でのやり直しがあまりにも多く発生してしまいました。そこでScania 社は、設計作業における設計エンジニアの責任範囲を拡大する、シミュレーション主導の設計プロセスを導入しました。これを実現した施策こそが、solidThinking Inspire による設計の初期段階でのシミュレーションと最適化です。

最適化例題

Altair Japanが提供する、ユーザー向けのテクニック資料集です。PDFをダウンロードしてご覧いただけます。ダウンロードにはクライアントセンターからクライアントとしてログインする必要があります。

HardMarque社

HardMarque社は、solidThinking InspireとEvolveを用いて、積層造形のチタン製ピストンのコンセプトデザイン生成と生成されたデザインの仕上げ(スムージング)を行いました。

3Dプリンティングによる航空機エンジンパイロンのコンセプト生成 - Sogeclair Aerospace

3Dプリンティングによる航空機エンジンパイロンのコンセプト生成 - Sogeclair Aerospace

  •  
ヒント&チップス solidThinking Evolve #01 高性能デザイン

曲面サーフェスに強いモデリングソフトなので、レンダリングもデフォルト設定のままにフォトリアルを実現できます。(2017年公開)

ヒント&チップス solidThinking Evolve #02 履歴機能

Evolveの履歴機能。モデリング・レンダリングソフトEvolveには、どこまでも戻れる履歴機能があります。(2017年公開)

solidThinking Evolve製品カタログ

solidThinking Evolve製品カタログ(日本語)

solidThinking Inspire製品カタログ

solidThinking Inspire製品カタログ(日本語)

ヒント&チップス solidThinking Evolve #03 ポリゴンモデリング

PolyNURBSを使えば、ポリゴンとNURBSを行き来することができます。 (2017年公開)

ヒント&チップス solidThinking Evolve #04 デジタルモデリング

3Dモデリング・レンダリングソフトEvolveのデジタルモデリングをご紹介します。(2017年公開)

Wilson のゴルフクラブ デザインコンペ

Wilson Labs の指導の下で作成されるテレビ番組Driver vs. Driverの技術協力として、Altair のエンジニアとインダストリアルデザイナーチームが 選ばれました。

3D積層造形する人工衛星部品(日本語)

世界No.1の独立系の宇宙関連部品サプライヤーRUAG Space社が、3D積層造形する地球観測衛星SENTINEL 1B用部品の設計にHyperWorksを使う理由

ヒント&チップス solidThinking Evolve #05 アセンブリデータの展開

アセンブリデータ(CATIA、Creo/ProE、NX、SolidWorks、Inventorなど)の展開をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス solidThinking Evolve #06 ポリゴンデザインの花びん

Evolveを使って、ポリゴンデザインで花びんを設計してみました。(2017年公開)

ヒント&チップス solidThinking Evolve #07 レンダリングの設定と実行

[Inspireでデータ作成>Evolveでレンダリング]の際の設定や手順です。ライティングなどの複雑な設定不要です。(2017年公開)

ヒント&チップス solidThinking Evolve #08 ラベルの貼り付け

3Dモデリング・レンダリングソフトEvolveで、容器などにラベルを貼り付ける方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス solidThinking Evolve #09 ポイントクラウドからサーフェス

Evolveで、3Dスキャンした点群データなどを3次元モデルにする方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス solidThinking Evolve #10 バネ形状の作成1

Evolveで、バネ形状をシミュレーションするためのモデル作成方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス solidThinking Evolve #11 バネ形状の作成2

バネ形状をシミュレーションするためのモデル作成方法2回目は、渦巻き状のバネに挑戦します。(2017年公開)

ヒント&チップス solidThinking Evolve #12 サーフェスの追加1

Evolveで、欠けてしまったモデルの曲面を、連続性を保ったまま補完する方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス solidThinking Evolve #13 サーフェスの追加2

Evolveで、離れたサーフェス同士を、滑らかなサーフェスを追加してつなぐ方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス solidThinking Evolve #14 可変フィレットの作成

異なる半径間を滑らかにつなぐようにフィレットを変更できるようにする、可変フィレットの作成方法をご紹介します。(2017年公開)

ヒント&チップス solidThinking Evolve #15 交差するサーフェスの処理1

交差するサーフェスを処理する方法をご紹介。不要なサーフェスを選択除去して簡単にソリッド化することができます。(2017年公開)

ヒント&チップス solidThinking Evolve #16 交差するサーフェスの処理2

交差するサーフェスの処理として、サーフェスとソリッドを上手に使い分ける方法をご紹介します。(2017年公開)

【日本語事例】HardMarque+Inspire&Evolve - 自動車 / 積層造形 - ピストン設計プロセス

「現在のピストンの設計プロセスを一から見直し、現行のものよりも軽量で、かつ同程度の強度を持つピストンを製造する。」という課題に取り組むHardMarque社は、solidThinking InspireとEvolveの両方をプロセスに取り入れ、コンセプトの生成と設計の改良を行ってから、チタンの積層造形を行った。

RSS icon Subscribe to RSS Feed