HyperMeshの概要

HyperMeshは、CADモデルの読み込みから、ソルバーでの解析実行が可能なモデルの出力までの、複雑で大規模なモデル作成の管理を行うことが可能な、市場をリードする汎用有限要素モデリングプリプロセッサーです。

Image
HyperMesh 入門ビデオ HyperMeshを使って何ができるのか、一度紹介ビデオをご覧ください。
Image
Haier社がAltair HyperWorksでエアコンとパッケージの設計を改良 AltairはHyperWorksの落下試験シミュレーションにより、実機試験のコストを削減し、落下による製品の損傷をなくしました。その方法を説明した事例をご覧ください。 Read the Haier Case Study
HyperMeshには20年以上の長い歴史と実績があり、コンセプトおよび高精度モデリングのための最高で先進的なプリプロセッサへと進化してきました。高度なジオメトリおよびメッシュ作成機能は、迅速なモデル生成を可能にします。高品質なメッシュを高速に作成する能力はHyperMeshを代表する特徴の一つです。業界の動向として、サブシステムのモジュール化および新素材の継続的な研究が挙げられます。HyperMeshは複雑なサブシステム作成およびアセンブリをサポートする高度な能力があり、さらに複合材料のモデル作成、編集および可視化ツールがサポートされています。モーフィング機能およびジオメトリ寸法変更機能により、メッシュやジオメトリ形状の変更が可能です。HyperMeshは特定のソルバーに依存しないだけでなく、高度なカスタマイズを可能にする豊富なAPI(Application Programming Interface)を持つ汎用プリプロセッサです。

HperMeshは、世界中の何千もの企業によってモデルの生成と管理に利用されており、また多種多様なCADおよびソルバーインターフェースをサポートしていることから、ほとんどの産業や分野にとって理想的なソリューションです。

Quote
「HyperMeshは我々の日常業務における標準ツールです。HyperMeshを用いて、Dorel Juvenile社などの顧客が、より高性能で革新的な製品を短期間で市場に投入できるように支援しています」
–Harold van Aken
CEO and Senior Simulation Engineer of Code Product Solutions

続きを読む

利点

パワフルなFEAモデリング技術を、エンタープライズソリューションに提供します

  • 数多くのCAD / CAEダイレクトインターフェースとカスタム統合機能を備えたHyperMeshは、あらゆるエンジニアリング環境にシームレスに組み込むことができます。

  • HyperMeshは、ロバストで共通のFEAモデリングフレームワークを企業全体へ提供することで、モデリングツールに対する投資とトレーニングにかかるコストを最小化します。

高速かつ高品質なメッシング

  • 自動および半自動のシェル、テトラ、およびヘキサメッシング機能により、HyperMeshは複雑な形状のモデリングプロセスを容易にします。

エンドユーザーの効率を上げる自動モデルアセンブリおよびバッチメッシング

  • HyperMeshとPDM間の密接な連携により、双方向のデータのやり取りが容易に。さらに、部品リプリゼンテーションと設定をHyperMeshから直接管理することが可能

  • バッチメッシングテクノロジーにより、手動のジオメトリクリーンアップとメッシングの必要性をなくし、モデル開発プロセスを加速

  • ボルト、スポット溶接、接着剤、シーム溶接といった結合の割り当てと管理を含む、高速なモデル組み立て方法を自動化

幾何形状変更と設計変数定義のためのインタラクティブな機能およびボリュームベースのモーフィング

  • 柔軟性に富んだモーフィングツール群は、以前からあるメッシュをリメッシュすることなく修正でき、新しい設計案の検討を自動化します。

CADシステムに戻る必要はありません

  • 強力な中立面メッシュの板厚計算ツールにより、薄いソリッドジオメトリから直接シェルメッシュを抽出して板厚を割り当てることができます。

  • ジオメトリファイルから複合データを抽出し、最小限の操作で有限要素データに移行します。

  • 有限要素モデルから3次元CAD形状を生成し、設計の方向性を、設計およびエンジニアリングチームに伝えます。

ギャラリー

Img Img Img Img Img Img Img Img
オートバイのタイヤ周辺のCFDメッシュ 繊維配向角と複合材層を3次元で可視化表示 ソリッド要素によるクランクシャフトのモデリング 航空宇宙産業のメッシング例 フルビークルアセンブリの底面ビュー NVHシミュレーション向けの音響空間メッシング 原子炉の非常に複雑なモデル 船舶断面のCADモデルとメッシュモデル
Img Img Img Img Img Img Img Img

機能

業界最高レベルのメッシング技術

HyperMeshは、CAEモデルの構築および編集のための、使いやすい先進のツール群を提供します。2次元および3次元モデルの作成時には、さまざまなメッシュ生成機能に加え、HyperMeshの強力な自動メッシングモジュールにもアクセスすることが可能です。

忠実なメッシング

  • サーフェスメッシング

  • ソリッドマップのヘキサメッシング

  • テトラメッシング

  • CFDメッシング

  • SPHメッシング

メッシュモーフィング

HyperMorphは、有限要素モデルの形状をインタラクティブおよびパラメトリックに変更できる強力なソリューションです。独自のアプローチにより、メッシュ品質を犠牲にすることなく有限要素メッシュの形状を迅速に変更することができます。また、モーフィングプロセス中に形状変数を生成し、その形状変数をその後の設計最適化スタディに利用することもできます。

バッチメッシング

Altair® BatchMesher™を使用することが、大規模アセンブリ向けに自動で高品質な有限要素メッシュを生成する最速の方法です。手動によるメッシング作業を減らすことで、この自動メッシング技術は、付加価値のあるエンジニアリングシミュレーションを行うための、より多くの時間を提供します。BatchMesherには、メッシング条件および形状クリーンアップパラメータに対するユーザー指定の制御や、カスタマイズされたモデルファイルフォーマットに出力する機能が用意されています。

CADの相互運用性

HyperMeshは、業界の主要なCADデータフォーマットのインポート・エクスポートに対応しています。さらに、インポートされたサーフェスをクリーンアップ(改善)するロバストなツールが搭載されており、高品質なメッシュを迅速に生成できます。形状に作成される全要素を境界条件に自動的にマッピングするため、形状に直接境界条件を適用することも可能です。

  • CATIAおよびCATIA Composite Link

  • FiberSim

  • IGES(インポートおよびエクスポート)

  • Intergraph

  • JT(インポートおよびエクスポート)

  • Parasolidの(インポートおよびエクスポート)

  • ProEおよびCREO

  • SolidWorks

  • STEP(インポートおよびエクスポート)

  • Tribon

  • UGおよびNX

コネクター

コネクターは、ジオメトリまたはFEエンティティを結合するためのジオメトリックエンティティです。スポット溶接、シーム溶接、接着、ボルト、質量の作成に使用します。コネクターは、ジオメトリックエンティティからさまざまなソルバー専用のFE表現に具現化することができます。一度エンティティに戻し、再度具現化するときにFE表現のタイプまたはソルバープロファイルを変更することも可能です。コネクターには、位置、リンクパートナー、結合ルール、具現化タイプの情報が含まれます。コネクターは、手動で作成したり、既存のFE結合をコネクターに変換したり、テキストファイルからインポートして生成したりできます。

複合材

HyperMeshには、非常に複雑な複合材構造のモデリングに対応した強力な機能が搭載されています。プライエンティティでは、ジオメトリやエンティティに基づいて個々の層の形状を定義できます。ラミネートエンティティは、複合材パートの積層順を定義します。複合材の定義は汎用性があり、多くのソルバープロファイルに具現化することができます。

レビュー用に、複合材構造を3次元で可視化したり、個々の層を分離したり、プライ方向をグラフィカルに可視化したりできます。

ワークフローの効率を高めるために、CATIAリーダーが改良され、複合材の定義(プライの形状、材料とプライの方向など)をジオメトリファイルから直接読み取れるようになりました。Fibersimドレープデータもほぼ同じ要領でインポートできます。HyperMeshには、高度なマッピングアルゴリズムが搭載されており、ジオメトリの入力データをFEメッシュおよび関連のプロパティに展開することができます。

CAEソルバーインターフェース

HyperMeshは、多種多様なソルバー形式のインポートとエクスポートに対応しています。HyperMeshは、フルにサポートされているソルバーと共に、対応している各ソルバー向けに全面的に調整された環境(ユーザープロファイル)を提供します。さらに、独自のシンプルなインターフェース言語によって、追加のソルバーをサポートする柔軟性も備えています。

Collaboration Tools

HyperMesh Collaboration Toolsが標準インストールに含まれており、すぐに使い始めることができます。共同作業のための快適で強力な環境を手に入れることができます。HyperMeshのすべてのファイルダイアログに完全に統合されたExploreダイアログで、データベースの検索やファイルの取得を効率良く行うことができます。Organizeブラウザは、シミュレーションデータとファイルのバージョンの整理に役立ちます。常に最新のバージョンのファイルが使用されるように、個人やチームのデータを効率的に管理できます。キーワード検索でデータベースをすばやく調査できます。Connectモジュールで、チームの共有データベースや企業のPLMシステムに接続できます。データベースからファイルを取得したり、データベースにファイルをアップロードしたりできます。Collaboration Toolsには、企業の材料データベースを検索したりフィルタリングできる材料ライブラリが含まれています。

環境に合わせたHyperMeshのカスタマイズ

  • HyperMeshインターフェースの設定: ドラッグ&ドロップのできるツールバー、設定変更が可能なプルダウンメニュー、キーボードショートカットなど、使いやすいインターフェースによるモデリング技術のカスタマイズ

  • カスタムユーティリティ: HyperMeshのインターフェースに完全に統合されたカスタムアプリケーションの作成

  • ソルバーデータの読み込みトランスレータ: 自社開発ソルバーなどのソルバーデータを読み込むための入力トランスレータを作成することによって、HyperMeshのインターフェースを拡張

  • ソルバーデータの出力テンプレート: 出力テンプレートは、HyperMeshデータベースを、非対応ソルバー向けのユーザー定義フォーマットへ書き出し可能

関連するソリューション

Image
SimLab SimLabは、複雑なCADアセンブリから高速かつ正確にFEモデルを生成する、プロセス主導かつフィーチャーベースの有限要素モデリングソフトウェアです。 Overview Video | Learn More
Image
HyperView 有限要素解析(FEA)、マルチボディシステムシミュレーション、CFD解析結果、デジタルビデオのための完璧なポスト処理兼ビジュアライゼーションツールです。 Overview Video | Learn More
Image
Total Materia Total Materia Premium Editionは、38万点を超える材料を網羅し、1千万件以上の特性情報を有する世界で最も大規模な金属データベースです。 Overview Video | Learn More
Image
Workgroup Material DatabasePro 製品設計に関連する材料ライブラリを作成して管理できます。データの表示・比較やCAE材料ファイルの作成が可能です。作成したCAE材料ファイルは、HyperWorks Collaboration Toolsマスター材料ライブラリとしてエクスポートできます。 Learn More
View More