MotionSolveの概要

MotionSolveは拡張性のある統合型マルチボディソリューションで、システムをグラフィカルに構築し、その基礎となる方程式を数値的に解法、また、プロットおよびアニメーションによりシステム挙動を評価し、設計探査や最適化による性能の向上が可能になります。

Image
MotionSolve 入門ビデオ MotionSolveを使って何ができるのか、一度入門ビデオをご覧ください。

Image
HyperWorksでコンポーネント試作の効率を向上 二輪車メーカーがAltairパートナーアライアンスを活用して新型コンポーネントの市場投入期間を短縮し、コンポーネントの設計を最適化 Read the Mahindra Case Study
MotionSolveモデルはパラメトリックで、階層状に構築できます。すなわち、パラメトリックなサブシステムのライブラリを作成して、システムモデルの構築時に再使用できます。MotionSolveはお客様とのパートナーシップにより開発されました。そのため、使いやすさ、拡張性、正確性、ロバスト性、速度において、実際のモデルで十分検証されています。

MotionSolveはオープンソリューションです。有限要素モデルのモーダル表現のインポートにより弾性変形効果を含めたり、制御ソフトウェアおよび非機械サブシステムを含む1次元シミュレーターと連成シミュレーションを行うことができます。また、サードパーティのソフトウェアにより作成されたFMUを含めたり、正確な空気力学を表すCFDコードとも接続できます。ユーザーインターフェースにおいては、独自のGUIを作成して、作成したシステムおよびサブシステムのインスタンスを作成することができます。ソルバーでは、モデルの物理特性をカスタマイズできます。ソルバーおよびGUIの両方には詳細なマニュアルが提供されており、ソリューションをカスタマイズして拡張することができます。

MotionSolveは、運動学解析および動力学解析、静解析、準静的解析、線形・振動解析、工数予測、車両運動解析、低周波NVHおよび、パッケージング組み立てなど、システムレベルの分析における複合領域でのシミュレーション向けに強力な機能を備えています。さらに、コンポーネントの強度計算に必要な入力を計算して、軽量化、疲労寿命予測などを行うことができます。

MotionSolveのインターフェースはマニュアルが提供されており、自動車産業および重機産業向けの大規模なカスタムツールの開発に使用されています。カスタムツールは以下に対応しています。

  • パラメトリックなコンポーネントおよびサブシステムを記述するより高度なレベルのモデリングエンティティ
  • システム定義およびアセンブリ
  • キネマティックおよびコンプライアンス(K&C)検討、車両運動性能および悪路の耐久性評価などを行うカスタムイベント
  • 全イベントの自動レポート生成
  • モデルおよびイベントの変数による設計探査

MotionSolveは自動車、航空宇宙、一般機械、大型家電製品、梱包、重工業、風力発電などの産業分野で活用され、高い評価を得ています。


利点

製品開発に要する時間とコストの削減

設計の初期段階で単純なモデルを構築して、設計の進度に合わせて複雑化していきます。MotionSolveは、設計の早期段階でコンセプトモデルを構築し、設計の進度に合わせて段階的に詳細化するための多数のモデリング要素および多様な解析手法をサポートしています。検証済みのモデルは、様々な開発フェーズで再利用することができます。シミュレーションにより、時間のかかる実機試験を削減し、製品開発を促進します。

革新的な製品開発を促進

システムが複雑な場合でも、製品が使用される条件を与えた挙動評価が可能です。実験計画法(DOE)や確率統計シミュレーションなどを活用して、製品性能を調べて最適化することができます。MotionSolveで計算した荷重を使用して、コンポーネントの強度を計算、疲労寿命を評価し、軽量化を行います。

設計および製造リスクの低減

シミュレーションを活用することで、幅広いコンセプト案および設計案を効率的に比較検証し、最適な設計を選択することができます。設計の進度に合わせて、前フェーズで構築されたモデルを用いた改善案検討も簡単に行えます。開発中の製品をMotionSolveで検証してみませんか。

ユーザー独自の品質管理基準の適用

MotionSolveは、各組織の仕様やノウハウを反映してモデリングや評価プロセスを繰り返し実行できるため、一貫した再現性が保証されます。ユーザーインターフェースをユーザーのニーズに合わせてカスタマイズしたり、自動化機能を使用して反復作業を効率化できます。モデル、データ、結果を標準化して、組織内の他のユーザーと共有できます。

ギャラリー

Img Img Img Img Img Img Img
ショベルの弾性体シミュレーション 航空機のベイドアの運動学解析 クレーン動解析 数値流体力学(CFD)とマルチボディダイナミクス(MVD)の連成 ジェットコースターのシミュレーション 無人航空機の動力学解析 自動車のワイパーの圧力分布
Img Img Img Img Img Img Img

機能

モデル構築

  • 2次元 / 3次元剛体
  • 線形または非線形の弾性体
  • 稼動制限、ガタ、摩擦のあるジョイント
  • 剛体または弾性体での高次対ジョイント
  • 摩擦のある一般形状同士の2次元 / 3次元接触
  • 非線形1軸 / 3軸 / 6軸荷重
  • ビーム、ブッシュ、フィールド
  • 線形 / 非線形の状態方程式および伝達関数
  • ユーザーサブルーチン

シミュレーションおよび分析

  • あらゆる制約を満たすシステムを構築
  • 運動学解析および逆運動学解析
  • 静的釣合い
  • 準静的および定常解法
  • 非線形時間領域の動力学シミュレーション
  • 固有値および固有ベクトルの計算
  • 入力と出力を与えた伝達関数解析
  • モデル変更コマンドを含むスクリプトシミュレーション
  • 汎用連成シミュレーション

結果の評価

  • 2次元および3次元のグラフ作成
  • 信号処理およびフィルタリング
  • カーブフィッティング
  • 確率統計解析
  • データの検査
  • 変形を含む時間領域アニメーション
  • コンタープロット
  • 線形アニメーション
  • レポートの生成

設計の検討と最適化

  • 実験計画法(DOE)
  • 応答曲面法(フィット)
  • 単一または多目的最適化手法
  • 信頼性に基づいた設計最適化
  • ロバスト性に基づいた設計最適化
  • 確率統計シミュレーション
  • ポストプロセッシング
  • データマイニング
  • クラウドソリューション

MotionSolveの詳細については、MotionSolve製品カタログを参照してください。

関連するソリューション

Image
MotionView 機構システムを検討するための直感的なインターフェースを搭載した、世界最先端のオープンなマルチボディダイナミクスモデラーです。 Learn More
Image
CarSim CarSim、TruckSim、BikeSimは、自動車、小型・大型トラック、オートバイの動的特性を正確にシミュレートします。 Overview Video | Learn More
Image
ChassisSim ChassisSimは、実走行試験を行うよりもはるか前に、車両の挙動のあらゆる側面をシミュレーション可能なマルチボディダイナミクスソフトウェアです。 Overview Video | Learn More
Image
TruckSim CarSim、TruckSim、BikeSimは、自動車、小型・大型トラック、オートバイの動的特性を正確にシミュレートします。 Overview Video | Learn More