SimLab

SimLabは、プロセス指向の有限要素モデリングソフトウェアで、ソリッド要素のモデリングに特に適しています。非常によく設計された多様なプロセスを搭載しており、作業時間が大幅に短縮されます。

Image
SimLab 入門ビデオ SimLabを使って何ができるのか、一度入門ビデオをご覧ください。

Image
SimLabにより、モデル構築プロセスの生産性を60%向上 Renault社は、コンセプトCADモデルに基づく複雑な構造物の構築を自動化するためにSimLabを使用しています。 Read the Renault Case Study
SimLabは、複雑なアセンブリの挙動について高速かつ正確なシミュレーションを可能にします。モデリングタスクを自動化して人為的エラーを削減し、手動での有限要素モデル作成と結果処理に要していた時間を短縮します。SimLabは従来のプリポストプロセッシングソフトウェアとは異なり、シミュレーションプロセスの捕捉と自動化のための機能を備えた専用アプリケーション開発プラットフォームです。

利点

効率性に優れた、フィーチャーベースのモデリング手法

  • モデリングの再現性と品質を向上

  • フィレット、ガスケット、シリンダーといったCAD環境内のフィーチャーを直接識別

複雑なアセンブリのモデリングタスクを自動化

  • メッシング

  • 部品やコンポーネントのアセンブリ

  • アセンブリ接合面のメッシュ生成

  • 部品結合

面倒なCADジオメトリのクリーンアップ作業をなくして、ジオメトリ変換エラーを解消

複雑なアセンブリのCAEモデル作成をスピードアップ

  • テンプレートベースの高度なメッシング処理を採用

  • 手動によるメッシュクリーンアップ作業が不要

  • 荷重境界条件作成までの作業を簡略化

モデルおよびアセンブリの修正が容易に

  • 部品交換

  • ソリッドモデル内でのリブの追加および修正

  • フィレット / シリンダー / 穴の径の変更

  • モデルの局所的なモーフィング

ギャラリー

Img Img Img Img Img Img Img Img
テンプレートによる自動接触定義 複雑なアセンブリのCAEモデル作成をスピードアップ CADとFEの形状比較 音響シミュレーションのための楕円メッシュの自動生成 騒音・振動対策として半球を付加 複雑な形状の効率的なアセンブリ ジオメトリのクリーンアップなしで高品質のメッシュを生成 貫通チェッカー
Img Img Img Img Img Img Img Img

機能

自動メッシュ生成

  • 四面体および六面体要素によるソリッドメッシング

  • 四角形および三角形要素によるサーフェスメッシング

  • 結合部品および接触面用の1次元メッシュ生成

フィーチャーベースのメッシング

  • CADフィーチャーの自動識別

  • シリンダー、フィレットまたは穴といったフィーチャーのメッシュ生成にテンプレート基準を適用

  • 接触面の自動認識

解析および評価ベースのメッシング

  • テンプレートと保存された知識を利用して、NVH、音響、疲労寿命などの解析タイプごとに適合したメッシュを作成

アセンブリの管理

  • 全コンポーネントの取り扱いが可能な、ロバストかつ包括的なツールセット

  • 結合部品および接触面を認識

荷重条件と境界条件

  • 節点および要素の識別、グルーピングプロセスを合理化

  • アセンブリ内の複数グループに対し、境界条件を高速自動割り当て

  • 各種自動テンプレートを提供

    • ボルトのモデリング

    • ガスケット、ベアリング荷重、結合モデリング

    • 質量特性計算

    • 外部材料および特性にもとづいた結合

    • 接触の検知およびモデリング

関連するソリューション

Image
HyperMesh きわめて大規模なモデル作成が可能な高性能有限要素プリプロセッサーです。CAD形状データのインポートから、多種多様なソルバーの解析実行まで対応します。 Overview Video | Learn More
Image
AcuSolve 産業や科学の問題を解くことのできる最先端の汎用数値流体力学(CFD)ソルバーです。ロバスト性、スケーラビリティに優れたソルバーテクノロジーが、比類のない正確さを提供します。 Overview Video | Learn More
Image
Display Manager ネットワーク経由でのリモート表示およびアプリケーション使用を可能にする高性能のソリューションです。クライアントコンピューターのリソース使用量を抑え、大規模なデータセットを移動することなく処理できるだけでなく、遠隔地とのコラボレーションやデータ共有も実現できます。 Learn More
Image
Cross Section Creator インポートしたメッシュモデルから迅速かつ簡単に断面を抽出できるCross Section Creatorを使用することで、CCCの機能と能力をさらに充実させることができます。 Learn More